クラス紹介

クラスは年中・年長・小学生の合同クラスです

幼児(年中・年長)

まだまだ一人ひとりの成長のペースが異なる時期なので、体験レッスンにご参加いただいた時のお子様の様子に合わせて個別の目標を立てていき、それを達成するために一番よい指導方法・教材からスタートします。

そのため、年齢に応じたプログラムではなく、お子様にとって一番夢中になり、かつ達成感を得られるプログラムから進めていくことができるので、お子様も楽しくそろばん学習を始められます。

また、この時期から物事に取り組む際にしっかりと目標設定をし、挑戦、努力、達成といった一連のサイクルを経験することで、大きくなった時に「挑戦し努力しつづければ成功する」という自信のある子に育つことができます。


カリキュラム

正しいえんぴつの持ち方と姿勢からスタートし、1から20までを数える、なぞりながら書くといった簡単なことから習得していきます。

そして、5+5=10という算数的な考え方を持たせるのではなく、10は1と9、2と3と5など様々な組み合わせからできていることを色とりどりのおはじきやマグネットなどを使って、数遊びをしながら、そろばんに必要な数字の感覚を養います。

また、実際にそろばんにさわり、珠の動きを感じてもらい、耳で聞いた数字と珠の動きの連動を理解するようになり、そろばんの上で数が変わっていく楽しさに目覚めます。

実践

基礎を終えたお子様は実践へうつり、そろばん指導に入ります。その子に合わせた楽しく飽きさせない教材を使い、数や計算への興味をより一層引き出します。

そろばんの技能の習得だけではなく、先生の話をしっかりと聞くことや座っている力を身につけ集中力を育むことから小学校の入学準備としても最適です。また、一人ひとりの能力に合わせた目標設定を随時行っていくので、努力し達成する喜びを感じて、ぐんぐんと成長し学習習慣も身についていきます。

※保護者の方は、後ろに座って教室を見学していただくことも可能ですが、教室が狭いため見学できるところは限られます。


小学生

算数が楽しくなる、そして、履歴書に書くことのできる「日商珠算検定3級取得」と暗算で計算できる子供達になることを目指し進めていきます。

小学校低学年のうちは、そろばんにふれ、弾く面白さを感じ楽しく学べるように指導することからスタートし、正しい運指運珠でそろばん式の考え方を積み重ね習得していきます。

常にお子様のやる気を引き出すような積極的な明るい声掛けや工夫をしながら授業を行い、そろばんは練習をしていけば練習しただけ上手くなるものなので、検定を目指すことのできるレベルになるまで根気強く反復練習をしてもらいます。

珠算検定の7級取得した生徒には暗算の練習を行い、手元にそろばんがなくても計算ができるように指導します。

その後、検定に合格すると「昇級」という明確なゴールに到達することができるので、達成感が大きく、その気持ちが次なる目標への挑戦へと導きます。